Google しごと検索

2019年1月から「しごと検索(Google for Jobs)」が日本でも始まりました。
求人関連のキーワードでGoogle 検索すると求人用のボックス内に表示されます。

求人サイトなどに掲載された情報は、対応されているので特に対応する必要はありませんが、自社で採用ページを設けている場合は対応が必要となります。

エリア・職種などで検索した際に対応するページが表示できるように地域と職種はそれぞれ1ページずつの作成する必要があります。
その各ページごとに構造化データを記述します。

マークアップなど詳細は、Google リファレンス 求人情報を参考。

作成したページをアップして、サイトマップをGoogleへ送信すれば完了です。
検索結果に表示されない場合は、構造化データテストツールで確認しましょう。

検索結果のページ内に情報が掲載され、自社の採用ページへ誘導ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください